NOW ONAIR

2018.12.12 WED
13:00 - 15:00
ミュージックパレード
15:00 - 16:00
元気はつらつ歌謡曲
COOL CHOICE
>>COOL CHOICEにご賛同ください<<
COOL CHOICE TIME 11月の放送メモ
2018-11-19 14:31
COOL CHOICE TIME 11月の放送のテーマは「乗り物」。自転車の魅力や、地域のモビリティマネジメントをテーマにお送りしました。 また、イベント情報として愛川町環境フェスタをご紹介しました。
 
◆まずは自転車について。
~あなたの自転車生活を本物にする会社~株式会社セルクルの田中さんにお話しをうかがいました。
 http://www.cercle-bike.com/
 田中さんは、往復2時間半(45キロ)自転車通勤を始めたことで、自転車の魅力と同時に課題を感じられたことをきっかけに、
 みんながよりよい自転車生活が送れるための政策提言や自転車安全教室など様々な活動をしていらっしゃいます。

まずは自転車の魅力から。
○想像以上に遠くまで行ける。
○CO2の排出は0(ゼロ)!エネルギーは人間の体脂肪!!
○速い!首都圏での平均速度は自動車時速15 自転車は20キロ 自転車の方が早いとはびっくり。
○車から発生する熱、排気ガス、道路などのインフラへの悪影響がない。
○健康にいい! 田中さんは風邪ひかなくなったそうですよ。
○渋滞がない!
○考え方が前向きになる。自転車と付き合っていくと自己解決能力が育まれる。などなど
このように自転車はいいことがたくさんありますが、課題としては、自転車は基本として車道を走らなければならないなどの自転車の正しいルールが認知されていないことだそうです。交通教育は必要ですね。
そして、最近増えてきた自転車のシェアリング、レンタル自転車は、GPSやスマートフォンなどのシステムにより、とても便利になったそうですので、ぜひ利用してみたいと思います。
自転車はエコで便利なだけでなく、考え方が前向きになるという効果もあるとの事。みなさんもぜひ自転車を利用してください。
  
◆続いて、相模原市役所交通政策課の豊島さん、外崎さんからモビリティマネジメントについてお話しいただきました。
モビリティマネジメントとは「渋滞や環境、個人の健康などの問題に配慮して、過度に自動車に頼る状態から、公共交通や自転車などを賢く使う方向へと、自発的に転換することを促す取組みのこと」で、車のCO2の排出はバスの3倍 鉄道の10倍にもなるなど、車を公共交通に変えることで、大きなCO2の削減効果が期待できます。一日10分車の利用を控えることによるCO2の削減効果は 節電やごみの削減よりも効果が大きいというのは驚きました。
また、相模原市では交通が不便な地域や、移動制約がある方のためにコミュニティバス 乗合タクシーを運行していますが、コミュニティバスはたくさんの利用がないと運行できないので、もっとたくさんの人に利用してほしいとの事です。
そして、相模原市交通政策課ではバスの乗り方教室を実施したり啓発活動のチラシを神奈中バスの中に配架するなどの取組みを進めている。またバスロケーションシステムはバスの到着時間などがリアルタイムでわかるなど、便利な仕組みもできているので、ぜひみなさんに快適に公共交通を使ってほしいとの事。
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisei/toshikotsu/1004813/1004827/index.html
 
◆最後はイベント紹介。愛川町環境フェスタについて 愛川町環境課 幡野さん、平本さんからお話しをいただきました。
 今年の愛川町環境フェスタは6回目、地球温暖化防止やごみ問題について、行政、事業者、市民が連携して実施しているそうです。今年は、11月18日(日)に行われましたが、たくさんの方でにぎわったそうです。毎年実施されるので、来年の愛川町環境フェスタが楽しみですね。
 https://pocketniaikawa.com/20181118%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf/