NOW ONAIR

2021.10.20 WED
16:00 - 19:00
それゆけ!月光団 ブルー

エフエムさがみ番組審議会(2021.1)議事録

緊急事態宣言により、休会
         

エフエムさがみ番組審議会(2020.10)議事録

開催日時:2020年10月
開催場所:メール審議
参加委員:4名
 
※新型コロナウィルス感染防止のため、メール審議で行った。
 
●議 題
(1) 局の近況報告(新型コロナウイルス感染対策と放送継続について)
(2) 番組審議(7月~9月)
① 「チア―アップ花火 中継」7月24日㊗
② 「ラジオ de 上溝夏祭り」7月26日㊐ 
③ 「ラジオ de 橋本七夕まつり」8月9日㊐
 
●議事の概要
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今回はメール審議とした。
新型コロナウイルス感染対策と放送継続についての体制、7~9月の特別番組ついてご報
告し、感想・意見・問題点などを各委員からいただいた。
頂いた意見を平岩、大木、熊坂で確認し、全スタッフと共有し、今後の放送に活かしていく
ことを確認した。
 
●審議内容
(1) 局の近況報告
新型コロナウイルス感染対策として、スタッフのシフトを通常からコロナシフトに変更し、局内の人数を減らしならが、放送を継続しています。
また、引き続き、社員およびボランティアスタッフの健康面には十分に配慮をし、取材および出演はできるだけ電話で対応すると共に、スタジオ内の人数を制限し、可能な限り来局者を減らすようにしています。
中止となるイベントについては、「ラジオde〇〇」の形で、可能な限り放送をしている。
① 「チア―アップ花火 中継」7月24日㊗
相模原青年会議所が主催する医療従事者を元気づけるための花火大会。
3密回避のため、直前まで打上げ場所を告知することができなかったが、3会場より打上げの様子を中継レポートし、併せてTwitterで花火の画像も発信した。
② ラジオ de 上溝夏祭り」7月26日㊐ 
毎年恒例の「上溝祭り」を再現する番組。地区ごとの勇壮な神輿が名物の祭りなので、これまで録りためてきた神輿や山車、囃子の音を随所に入れながら、祭りの雰囲気を出した。
③ 「ラジオ de 橋本七夕まつり」8月9日㊐
毎年恒例の「橋本七夕まつり」を再現する番組。橋本商店街が地域活性のために行っているイベントであるため、街の様子や歴史などを取り込みながら放送。
 
(2) 番組審議
・チア―アップ花火はどのように放送するのが分からなかったが、リスナーがいる場所で夜空を見上げて下さいという呼びかけはとても良かったと思う。医療従事者の方々への感謝の思いと花火はとてもよい組み合わせだったと思う。
また、地域のイベントが軒並み中止とならざるを得ない中、「ラジオ de 〇〇」シリーズは、ぜひ続けてほしい。
・花火中継のカウントダウンをラジオで聴くのはドキドキ感があってよかった。またリポーターがすぐにTwitterにアップしたが、臨場感があってよかった。これからのラジオは声だけではなく、映像やSNSとコラボすることが必要だと感じました。
・コロナ禍で気持ちがふさぎがちだが、引き続き明るい放送を続けてほしい。
石井)七夕まつりは毎年実行委員として関わっているため、今年の中止は非常に残念だった。
そのような中で、ラジオの番組で橋本七夕祭りを扱ってくれたことに感謝いたします。地域のラジオ局の存在意義をみたような気がします。
 
                                   

エフエムさがみ番組審議会(2020.07)議事録

開催日時:2020年7月
開催場所:メール審議
参加委員:5名
 
※新型コロナウィルス感染防止のため、メール審議で行った。
 
●議 題
(1) 局の近況報告(新型コロナウイルス感染対策と放送継続について)
(2) 番組審議(4月~6月)
①「ラジオ de 桜まつり」4月4日㊏、5日㊐
②「ラジオ de およげ鯉のぼり」5月5日㊗
③「お母さん、ありがとう」5月10日㊐
④「お父さん、ありがとう」6月21日㊐
 
●議事の概要
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今回はメール審議とした。
新型コロナウイルス感染対策と放送継続についての体制、4月~6月の特別番組ついてご報
告し、感想・意見・問題点などを各委員からいただいた。
頂いた意見を平岩、大木、熊坂で確認し、全スタッフと共有し、今後の放送に活かしていく
ことを確認した。
 
●審議内容
(1) 局の近況報告
新型コロナウイルス感染対策として、スタッフのシフトを通常からコロナシフトに変更し、局内の人数を減らしならが、放送を継続しています。
また、社員およびボランティアスタッフの健康面には十分に配慮をし、取材および出演はできるだけ電話で対応すると共に、スタジオ内の人数を制限し、可能な限り来局者を減らすようにしています。
エフエムさがみでは、地域の放送局として、イベント等も中止となる中、イベントの伝統を途切れさせたくない、また地域の人々が明るくなるような放送を行いたいとの思いから、スタッフで検討し、「ラジオde〇〇」を放送しました。
①「ラジオ de 桜まつり」4月4日㊏、5日㊐
毎年恒例の相模原市最大のイベント「市民桜まつり」を番組内で再現。
(開会式、観光親善大使委嘱式、鼓笛隊パレード、ステージイベント等)
②「ラジオ de およげ鯉のぼり」5月5日㊗
毎年恒例の「泳げ鯉のぼり」を子どもの日に放送。
新米パパ2人が、子どもの健康と成長を願う気持ちをこめて企画。
③「お母さん、ありがとう」5月10日㊐
コロナ禍で会う事がままならない中、母親へのメッセージを文章と音声で集めて放送。
高齢者施設で働く方々からも、自身の母親への思いを語っていただきました。
④「お父さん、ありがとう」6月21日㊐
コロナ禍で会う事がままならない中、父親へのメッセージを文章と音声で集めて放送。
高齢者施設で働く方々からも、自身の父親への思いを語っていただきました。
 
(2) 番組審議
 
・コミュニティラジオ局として、この番組企画は高く評価いたします。コロナの影響でご苦労も多いと思いますが、頑張っていただきたい。
 
・このような企画を考え付いたことに感謝しています。これぞ地域に密着した放送局ならではの番組であると思います。引き続き、このような放送をお願いしたい。
母の日、父の日の番組は、高齢者施設で働く方々のメッセージが多かったが、もっと広い範囲の声が集められれば更に良い番組になると思う。ただ、コロナにより取材活動などに制約がある中でよく集められたと思っている。
 
・放送をもっと多くの人に知ってもらえたらよかったと思います。
 
・どの番組の非常によかった。親への思いは年代に関わらず共通の話題として語ることができるので、とてもよかった。
 
・ご苦労も多いと思いますが、しっかりと地域に目を向けて取り組んでいただいて素晴らしいと思います。せっかくの良い企画なので、リスナーがもっと増えることを願います。
                                  
 

            エフエムさがみ番組審議会(2020.04)議事録

            開催日時:2020年4月
            開催場所:メール審議
            参加委員:6名
             
            ※予定では、2020年2月開催する予定だったが、新型コロナウィルス感染防止のため、開催を延期していたが、終息の見込みがないため、メール審議で行った。
             
            ●議 題
            (1) 局の近況報告
            (2) 番組審議「とれたてランチBOX」3月13日(金)放送
            ①「パーソナリティ フリートーク」
            ②「ご当地クイズ ここはどこですか?」
            ③「一緒に歌おう風っ子」
            ④「森の富植土で楽しい土づくり」
            ⑤「コミュニティBOX」
             
            ●議事の概要
            新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今回は放送CDをお聴きいただき、
            ご意見をメール等で頂戴する形をとった。
            1番組のダイジェストを聴いていただき、各コーナーについて、感想・意見・問題点など
            を各委員からいただいた。
            頂いた意見を平岩、大木、熊坂で確認し、全スタッフと共有し、今後の放送に活かしていく
            ことを確認した。
             
            ●審議機関の答申又は意見の概要の公表の方法
            ①自社放送「番組審議会リポート」
            ②事務所への備置き
            ③自社ホームページ(URL)への掲載
             
            ●審議内容
            (1) 局の近況報告
            新型コロナウイルスの影響については、先行きの予想がつかず、非常に戸惑っておりますが、社員およびボランティアスタッフの健康面には十分に配慮をし、取材および出演はできるだけ電話で対応しております。
            エフエムさがみでは、地域の放送局として、コロナウイルスに関する情報を正確にお伝えすると共に、イベント等も中止となる中、皆さんの気持ちが少しでも明るくなるような放送を心がけることを、スタッフ全員で確認いたしました。
            具体的には、長期間の休校で自宅で過ごす子ども達に向けて、 特別コーナー「一緒に歌おう風っ子」を放送。(一人で留守番する子どもも多いと考えられます。寂しさを紛らわすことができればと思っています。)放送は、月~金曜日の1日3回(11:10/13:35/17:35)
            放送内容は、
            ・子どもの好きな曲(J-POP、アニソン、リクエスト曲等)
            ・九九と漢字の書きとり問題(相模原市教育委員会)
            ・なぞなぞ
            また「一緒に歌おう風っ子」の他、市民桜まつりの中止を受け「ラジオ de 市民桜まつり」をエアー開催(特別番組放送)することを決定いたしました。
            社員およびボランティアスタッフの健康面に充分配慮しつつ、ラジオ局として地域のために出来ることを誠実に行ってまいります
            春以降の3ワイド番組(モーニングワイド・とれたてランチBOX・それゆけ!月光団)については、放送時間帯の変更はございませんが、以下の通りの変更をする予定です。
            ・モーニングワイド(月~金7:00~10:00)
            それまでのニュースに加え、8:30~10:00は、生活や健康の情報も取り入れます。
            ・とれたてランチBOX(月~金10:00~13:00)
            ジェンダーフリーの観点から「主婦の目、母の目、女の目」とは使用しない
            ・それゆけ!月光団(月~土16:00~19:00)
            取材をしてきた素材(声)をなるべく多く使用し放送する
             
            (2) 番組審議
              「とれたてランチBOX」3月13日(金)放送(一部/約50分)
            パーソナリティ:田中あこ
            放送時間:月~金曜日10時~13時(生放送)
            日替わりのパーソナリティが地域の話題を中心に放送しています。
            番組のコンセプトは「主婦の目・母の目・女の目で厳選したとれたての情報」です。
            この番組は、専業主婦向けに立ち上げた番組ですが、会社または自宅で仕事をしてい
            るリスナーが多い番組です。リスナーの男女比はほぼ半々と思われます。
             
            ①「パーソナリティ フリートーク」
             
            ・「卒業」したいと思うもののアンケートの中身が共感できるものが多く楽しく聞けることができました。インターネットのアンケートを引用する場合は、念のため出典(引用元の資料名と作成者)を明確にされるのがよろしいかと考えます。
            ・主婦に対するアンケートは、よく探し出せたと感心いたしましたし、何といっても、色々な意味で大変興味深いものがありました。欲を言いますと、実施者(新聞社、雑誌、保険会社等)、実施時期等のコメントがあると良かったと思います。
            ・ちょうどよく心地良く聞けてよかった。事前にいつアンケートがあったのかな?と思いました。
            ・テレビはコロナのことばかりに偏ってコロナ疲れになりますがとれたてランチボックスは普段と変わらない雰囲気でやられていて心が落ち着きます。
            ・卒業式について、出席させたいという立場だけでなく、公共の電波を発信している状況を踏まえて、卒業式の規模縮小により感染拡大を防止する立場に理解を示したうえで、やはり卒業式を開催させてあげたいと個人のコメントを発信したほうが良いと思います。
             
            ②「ご当地クイズ ここはどこですか?」
            リポーターが中継している場所をあてるクイズ(ヒント、正解発表)
             
            ・難問でした笑。正解が出た後、商店街の内容をご紹介いただき、商店街に対する関心が生まれるようなレポートだったのでいいと思いました。
            ・最初は全然わからなかったけど、だんだん知らされるヒントで、だんだん気になってきて、後半ほどイメージできておもしろくなってきました。近くの人は楽しくてよさそうですね^^
            なので、せっかく商店街にいったので、おすすめの店とか具体的な情報をいれてもいいかなと思いました。コツコツポイントためていくシステムいいですね。またメールをおくりたくなりますね。
            ・ 冒頭に現地の気象状況を伝えたことはとても良い。
            コロナの影響を交通量や通行する方のマスクの着用状況などで伝えることが出来れば更に良かったと思う。車の交通量が多いとのことだが、マイカーが多いのか、トラック等が多いのか、その道路の交通の詳細を伝えた方が良いと思う。全体を通して二人の明るいやり取りで良い。
             
            ③「一緒に歌おう風っ子」
            新型コロナウイルスの影響で休校になった子ども達に向けたコーナー
             
            ・コロナウイルス関連で在宅の学習等で困っている方が多い中でいい取り組みだと思いました。我が家にも同世代の子どもがいるので。いいお取り組みなのでもう少し宣伝してもいいのではないかと感じました。
            ・時宜を非常に良く捉えた番組であると思っており、企画を考え付いたことに感心しているとともに感謝しています。これぞ地域に密着した放送局ならではの番組であると大いに評価をしているところです。因みに、九九を覚えられない子には逆から(降順)という手もあるようです。
            ・あっという間でしたが、子供向けの番組が昼間にあるのもいなと感じました。音楽も星野源が流れてて、子供すぎずでも人気の明るい曲でよかったです。
            ・コロナ休校で子供たちが家にいることが多いと思うので子供向けのコーナーがあるのはいいと思いました。低学年より上の子供向けのコーナーもあるとさらにいいと思います。
            ・九九について「九の段」の読み方ですが、「きゅうのだん」なのか「くのだん」なのか確認が必要。実用日本語表現辞典では「くのだん」と読むとの記載あり。四についても「し」と「よん」、七についても「しち」と「なな」を確認する必要あり。
             
            ④「森の富植土で楽しい土づくり」
            スポンサーが出演しているコーナー(ワコーグリーン)
            通常はスタジオからですが、現在はコロナウイルス対策で電話出演
             
            ・辛口のコメントになりますが、番組?CM?評価が分かれるところと思いました。
            ・社長さんの声がとても和みました。私もこの土買ったことあります。震災のときの縁の話がきけてよかった。少し昼には重くなってしまいがちだけど、こういう大切なをきけてよかった。
            ・スポンサーが中央支援学校との連携=障がい者支援で社会貢献している事をパーソナリティーが解説しもっとPRすべき。除染した土地を土壌改良してつくった「エゴマ」の安全性=森の富植土の商品価値の説明をもっと入れるべき。リスナーが手軽に森の富植土を家庭菜園やプランター栽培等での利用例を示してほしかった。
             
            ⑤「コミュニティBOX」
            地域のイベントや催し物などの話題を紹介するコーナー
            今回は、地域の市域オープン店(牛久保ピアノ)の紹介
             
            ・コロナウイルス感染拡大により、社会の閉塞感が高まっておりますが、地域に光を照らすラジオ番組として今後ともよろしくお願い致します。
            ・今回は私にとって地元の話題でしたので、興味深く聴かせていただきました。こうした情報を聴いた人が他の人にその情報を伝え、さらにそれが広がっていくという循環が、地域コミュニティの醸成に貢献すると思います。粘り強く放送しつづけるよう期待しています。
            ・田中さんの、日常に寄り添った、共感できる話を元に話されててすごくよかった。ピアノの取材のレポーターさんの声が、落ち着いていて聞きやすかったです。ですが、ちょっとだけ、間延びしている印象がありました。2人共ゆっくりしゃべるタイプの人だったからでしょうかね。
            ・ピアノ調律の重要性にスポットをあて、中古ピアノであっても安心して長い期間使用出きる、調律師のいるお店であることを強調したら如何かと思う。⇒但し、すべてのピアノ店に調律師がいるのか、いないのかは承知しておりません。
            ・地域に密着した地域エフエムとして、活躍していると評価いたします。今回の新型コロナ対策により、特に大きな打撃をうけている飲食業・サービス業を応援するような内容制作が出来ればと思います。難しい問題ですが、苦しい現状やその中で頑張っている様子を上手にリスナーに伝えることが出来たら、素敵ですね。
                                               

            エフエムさがみ番組審議会(2019.11)議事録

            エフエムさがみでは下記の通り、番組審議会を開催いたしました。
             
             
            開催日時:2019年11月27日 午後3時~4時
            開催場所:エフエムさがみ Aスタジオ
             
            委員総数:8名
            出席委員数:4名
            出席委員名:和光亨委員・石井トシ子委員・染谷耕平委員・塚野初美委員(4名)
            欠席委員名:宇田川隼委員・井上裕貴委員・小野弘委員・中村昌治委員(4名)
            局側出席者名:平岩夏木・大木俊一・熊坂良介
             
            議 題:
            ①「竹中通義モーニングワイド」
            ②「台風19号緊急番組」
             
            議事の内容:
            審議に先立ち、平岩社長より挨拶、大木営業部長より番組審議会について説明をした。
            熊坂より8~10月の放送について説明をした後、今回の議題である2番組のダイジェストを聴いていただき、各委員から感想・意見を伺った。
            また、欠席の委員には、CDを郵送し聴いていただき、メールにより感想・意見をいただいた。
             
            審議の内容:
            ①「竹中通義モーニングワイド」(月~金曜日・午前7~10時)出演者:竹中通義
            ・地元密着で、交通情報だとか市内のセミナーの情報など、市内に住む人に向けての必要十分な情報が網羅されていてよい。
            ・市役所の情報などもあって、地域に役に立ってと思う。
            ・ニュースや天気予報など本当にローカルで良い。
            ・朝の通勤の車の中で聴いている人が多いそうだが、声が落ち着いていて、事故防止のことを考えても、女性の高い声より男性の落ち着いた声の方がこの時間には合っている。
            ・テンポも少しゆっくり目で、聴きやすかった。
            ・この方の声は朝聴いても本当に落ち着く、聴きやすい声だと思う。
            ・施設名だけを言っても分からない。徒歩〇分など具体的に伝えてた方が良い。
            ・この番組はエフエムさがみの顔、看板番組である。
            ・交通情報は途中から聴いた人のためにも「1㎞」ではなく「1kmの渋滞」の方がよい。
            ・前日ニュースが聴けなかった時に基本のニュースを流してくれるのはありがたい。
            ・アナウンサーの声はよく通って、離れたところで作業していて聴きやすい。

            ②「台風19号緊急番組」出演:斎藤奈美・HOT情報サポーター
            ・冒頭に藤野地域に対しお見舞いの言葉が欲しかった。

             ※頂戴した意見に対し、下記の回答をした。
             ・初めて聴いた人、地域に詳しくない人への配慮を忘れず、分かりやすい放送を心がけていく。
             ・言葉の選び方や配慮について、スタッフの中でもスキルを高めていく。
             ・委員の方からご意見をスタッフで共有し、今後の番組制作に反映していく。
             
            審議機関概要の公表の方法
            ①自社放送(12月16日13時05分「番組審議会リポート」)
            ②事務所への備置き
            ③自社ホームページ(URL)への掲載(12月16日~)
             
            次回の番組審議会について
             2020年2月開催予定(審議内容:11~1月の放送について)